FC2ブログ

記事一覧

ゲラニウム マキュラタム ‘エスプレッソ’ Geranium maculatum ‘Espresso’ 

『ゲラニウム マキュラタム ‘エスプレッソ’』
マキュラタム エスプレッソ 花図鑑

学名:Geranium maculatum ‘Espresso’ 
科:フウロソウ科
属:フウロソウ属
分類:耐寒性多年草(冬季落葉種)
耐暑性:ふつう
耐寒性:強
開花期:4~6月
日照:日向~やや半日蔭
草丈:30~40㎝程度
原産地:北アメリカ
暖地での育てやすさ度:★★★★☆
(実際に育ててみた主観ですので、園芸の専門書等とは異なる場合があります。)

『ゲラニウム マキュラタム ‘エスプレッソ’』はその名の通り、エスプレッソと形容される銅葉が美しいマキュラタムの品種です。
花は小ぶりの薄いピンク色で穏やかな印象。
ゲラニウムの中でも暖地でも育てやすいサンギネウムと同じくらい夏越しが容易な印象があります。
本格的に寒くなる前から葉が落ちるので『枯れたか?』と以前は心配になりましたが、毎年春の芽には吹いてくれます。
冬は地上部は完全になくなるので(地域差があるんでしょうか、半常緑としている資料もあります)忘れないようにしないと・・・。
内にあるゲラニウムの中では一番早くに咲き始め、本格的なガーデニングシーズンをつげてくれます。

s_ゲラニウム マキュラタム エスプレッソ (3) 花図鑑

ランキングに参加しています。ポチっとしていただくと励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。ポチっとしていただくと励みになります。

人気ブログランキングへ



お名前.com


花に元気が欲しい方はこちら!↓






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りふてん

Author:りふてん
瀬戸内で極狭小庭での我流ガーデニングを楽しんでいます。
暖地に住んでいるのに、寒冷地に適した宿根草に魅かれ、挑戦&失敗を繰り返し…。
植える場所がないのに、心惹かれる花は日々増えていくのが目下の悩み…。
宿根草命!ですが、一年草の魅力にも気づき始めた今日この頃(遅い…。)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

訪問者

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7032位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
646位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村ランキング