FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロニセラ(ハニーサックル) Lonicera

『セロチナ』Lonicera periclymenum ‘Serotina’
s_ハニーサックル セロチナ (2)

学名: Lonicera periclymenum ‘Serotina’
別名:ハニーサックル(英名) ニオイニンドウ(和名)
科 :スイカズラ科
属 :スイカズラ属
分類:半常緑つる性木本
耐暑性:強
耐寒性:強
開花期:初夏~秋
日照:日向
草丈:ツルの伸びる範囲4~7m
原産地:ヨーロッパ
暖地での育てやすさ度:★★★★★
(実際に育ててみた主観ですので、園芸の専門書等とは異なる場合があります。)

我が家の『セロチナ』は、植えてから1.2年はあまり伸びず、「失敗したかな」と思っていましたが、以降グングン成長し、ベランダを超える勢い・・・。
ツルの伸び、葉の茂り方と花数は『ヘクロッティ』とともにすごい。



『ウィンドワード』Lonicera periclymenum ‘Windward’
s_ハニーサックル ウィンドワード (2)

『セロチナ』に似ますが、咲き進と黄色が強く出ます。一番初めに購入したロニセラ。
s_ハニーサックル ウィンドワード(1)

ハニーサックル(ロニセラ)‘ウインドワード’

価格:540円
(2017/10/6 23:13時点)
感想(16件)






『ヘクロッティ』:Lonicera × heckrotii
ヘクロッティ

s_ハニーサックル ヘクロッティ
玄関先に植えていて、花数は一番多い。
花の季節には、外出時と帰宅時にとてもいい香りがします。




『テルマ二アーナ』Lonicera × tellmanniana

テルマ二アーナ
他のロニセラに比べて香りは少ないですが、花は大きめ。花数は今のところまだ少ないので、今後に期待です。

『ロニセラ』はつる性ですが、自分で巻き付きはしないので、つるバラのように誘引してあげなくてはなりません。
したがって、放っておくと伸びたツルが暴れまくります。
たくさん花をつけるととても見事ですが、咲ききってから散るのが早いのと、散った花びらが大量だとちと汚くなるのが欠点と言えば欠点・・。
ただ、とても丈夫だし、使いどころによっては重宝します。
我が家では小さなアーチに『テルマ二アーナ』と『ウィンドワード』、雨どいの縦樋に『セロチ』ナと『ヘクロッテ』ィを絡ませていますが、縦樋の2種は勢いが良すぎてベランダまで・・・。
ちょっと剪定が必要なようです。

ランキングに参加しています。ポチっとしていただくと励みになります。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。ポチっとしていただくと励みになります。

人気ブログランキングへ



お名前.com


花に元気が欲しい方はこちら!↓






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りふてん

Author:りふてん
瀬戸内で極狭小庭での我流ガーデニングを楽しんでいます。
暖地に住んでいるのに、寒冷地に適した宿根草に魅かれ、挑戦&失敗を繰り返し…。
植える場所がないのに、心惹かれる花は日々増えていくのが目下の悩み…。
宿根草命!ですが、一年草の魅力にも気づき始めた今日この頃(遅い…。)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

訪問者

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6959位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
644位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。